自分用メモ

今年から本気だす

Serversman@VPSにメールサーバを構築した時のハマりポイント

名刺に載せるためのメールアドレスを作ろうと、
VPSを借りてメールサーバを構築してみました。

ServersMan@VPS Entryプラン
・月額料金: 490円
・OS: CentOS 6.3
・RAM: 1GB

超安い。オススメ。

別途入れたモノは…
・メールサーバ: Postfix
・管理ツール: Webmin


UNIX系のコマンドをほとんど知らなったけど、
特に詰まることなく設定することができた。

しかし、メールの受信は出来たが、
Gmail宛に送信すると下記のエラーになった。

<メールアドレス@gmail.com>: host gmail-smtp-in.l.google.com[173.194.79.27] said:
    550-5.7.1 [36.55.XXX.YYY] The IP you're using to send mail is not authorized
    to 550-5.7.1 send email directly to our servers. Please use the SMTP relay
    at your 550-5.7.1 service provider instead. Learn more at 550 5.7.1
    http://support.google.com/mail/bin/answer.py?answer=10336
    ie10si5168047pbc.311 - gsmtp (in reply to end of DATA command)

リンク先を見てみると、送信元IPと送信元ドメインが一致していないのが原因のようだ。
解決策としてDNSレコードにSPFの登録を行った。
お名前.comでドメインを取得している場合は、

[ドメイン設定]→[DNS関連機能の設定]→[DNSレコードの設定]

と進み、ドメインを選択。
入力欄の[TYPE]を[TXT]とし、下記のように入力。

v=spf1 +ip4:36.55.XXX.YYY ~all

設定を完了するとGmail宛にメールが送信できるようになった。


【参考URL】
お名前ドットコムにSPFレコードを設定する方法
http://www.flagsystem.co.jp/news/archives/84

はじめてのCentOS6 Linuxサーバ構築編 (TECHNICAL MASTER)

はじめてのCentOS6 Linuxサーバ構築編 (TECHNICAL MASTER)


書いてから気づいたけど、Serversman@VPSとは一切関係の無いエントリだった。