自分用メモ

今年から本気だす

Scientific LinuxとRedmineでプロジェクト管理 その1

先日、友人とプロジェクト管理手法についてSkypeで3時間近く話し込みました。

その中でmotchが興味を持ったのが「Redmine」。

Redmineとはタスク管理、Wiki、掲示板、バージョン管理(SVN/Gitなど)と連携を図ることが可能なオープンソースのプロジェクト管理WEBアプリケーションです。

機会があれば触って、活用できそうなら現場に持ち込みたい。

そう思ってた折、大学卒業と同時に貸していたLet's noteが返却されました。

これはいい機会だということで、さっそく取り掛かることにしました。

 

ここで問題になったのがマシンスペック。

現在このマシンに積まれているOSがWindows Vista

CPU:Core2Duo L7300 1.4Ghz/RAM:1.5GB。

このままだと使いものにならなさそうなのでLinux化することに。

何のディストリがいいのか考えた結果、3つの候補が。

 

1.Fedora

とりあえず今回はFedora系にしようと思ってた。

特に理由は無い。

せっかくだからRHEL互換がいいなー。

 

2.CentOS

無難すぎる選択肢だよなー。

 

3.Scientific Linux

RHEL互換

名前がカッコイイ(理系っぽい)

ALMiniumに対応してる←重要

 

という訳でScientific Linuxに決定。

さっそくインストール用isoをダウンロードしインストール。

この辺からinstall用のisoを落としDVDに焼くなりします。

インストール手順については割愛させて頂きます。

気が向いたら書くかも。

f:id:motch1cm:20130409214526p:plain

 

ちょっと長いインストールと再起動を経て、なんとか使えるようになりました。

Linuxのインストールって思ってた以上に簡単だね。

 

次回、Redmineをインストールするかも。